育毛剤の種類について

育毛剤にはいくつかの種類があります。
育毛剤と聞くと直接頭皮に塗布する薬剤を思い浮かべますが、実は内服薬も存在します。

 

 

 

世界で利用されている育毛剤の内服薬といえばプロペシア。
プロペシアとはフィナステリドが配合されている育毛剤のことで、男性型脱毛症に効果を発揮すると言われています。

 

 

フィナステリドは男性ホルモンに働きかける内服薬です。
男性ホルモンに影響を与える5αリダクターゼと呼ばれる特殊酵素の働きを阻害します。
それによってDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を防止します。

 

 

生え際育毛剤 http://www.sreis.org/

 

 

DHTの発生を妨害することでヘアサイクルの短縮化を改善し、抜け毛を防止します。

 

 

日本でも処方してもらえる薬ですが、保険適用外となっていますので1ヵ月分が8000円前後かかります。
また処方箋料や初診料などが別途必要になりますので、実際にはもう少し高額になるようです。

 

 

 

 

 

 

医薬品以外ではノコギリヤシが飲む育毛剤として有名です。
医薬部外品ですが、こちらも5αリダクターゼの働きを阻害します。

 

 

 

また直接頭皮に塗布する薬剤としてミノキシジルがありますが、このミノキシジルはフィナステリドなどと併用することで更に効果を発揮すると言われています。
つまり内服薬としてプロペシアを飲み、育毛剤としてミノキシジルを使用することで男性の薄毛により効果を発揮するということになります。

 

 

 

育毛はすぐに効果が出るというわけではありませんので、最低でも3カ月は継続しましょう。

薄毛の原因と育毛剤

頭の後ろに髪の毛の薄い部分が出来てしまったのでとても恥ずかしいです。

 

 

薄くなってしまった部分を何とか髪型でごまかそうとしたのですが、
上手く隠すことが出来ずにどうしても目立ってしまうので育毛剤を使った育毛をして髪の毛を増やすことを目指しています。

 

 

薄毛の原因は抜け毛よりも、ヘアサイクル短縮による細毛や産毛化です。
細毛は成長期にある髪の毛が突然、退行期に移行してしまうことで発生します。

 

 

一部分が薄くなっている場合は早めに育毛剤等を使用し、薄毛対策を行う必要があります。

 

 

毎日しっかりと朝と晩に育毛剤をつけてマッサージをします。
育毛剤には様々なタイプがあります。血行促進は基本です。

 

頭皮の血行を促進することで毛母細胞の活性化をすることで髪の毛は成長します。

 

 

後は男性ホルモン系の育毛剤です。
ノコギリヤシなどが男性ホルモンによる抜け毛には有効です。サプリメントとセットになっています。

 

 

 

薄くなっている部分はマッサージをする時に地肌に触れてしまうので禿げているのだなと実感します。
マッサージは指の腹で押します。頭皮を押すことで血流が良くなります。ツメを立てないように注意しましょう。

 

 

頭の後ろ側なので自分ではよく見えないのですが、
自分の後ろにいる人からは見られる場所なので何とか髪の毛が生えて来て欲しいです。

 

 

このまま薄いままではいたくはないので育毛剤を使用し、マッサージを併用していくことが大切です。

 

 

育毛は長く続けないといけないみたいですが薄いところを改善するまではちゃんと育毛剤をつけてマッサージを続ることが大事です。
人に禿げているなんて思われたくはないですし育毛で少しでもいいので髪の毛が生えて来て欲しいですよね。

 

 

最低3ヶ月は使用することがおすすめ。
一般的には3ヶ月くらいで抜け毛の減少が見られます。

 

 

 

他の部分の抜け毛も防げ、薄くなっている部分が徐々に改善されてきます。

 

育毛剤の使い方

育毛剤は薄毛が気になってくるとかかせないものとなってきます。
育毛剤を使う時間帯は、主に夜と朝の二回ですが、その二回の作業がとても大切です。

 

 

まず、育毛剤とはどういうものなのかと言う事を考えると、どうして朝と夜の二回が大切なのかと言う事が分かります。
育毛剤は、育毛を促進するものですから、毛が生える自然の力と言うものが大切になります。

 

 

毛が生える自然の力を利用しつつ、その自然の力が発揮しやすい環境を作ってあげると言う事に繋がるのです。
夜ですが夜は髪の毛が育ちやすいゴールデンタイムとなっています。

 

 

睡眠をとっている時間帯に毛が育つのですから、その時間帯に育ちやすい環境をつくるために育毛剤を利用します。
育毛剤をつけて、睡眠をとることによって、寝ている間に毛が育つのです。

 

 

育毛剤は主に血行促進作用があります。血流を促進することで栄養が毛乳頭に届きます。
栄養を受けた毛乳頭はタンパク質を毛母細胞に届け、髪の毛は成長します。

 

 

睡眠中は成長ホルモンが分泌され、毛母細胞の成長を促進します。
そのため、1日6時間は睡眠を取ることをおすすめします。

 

 

短時間睡眠はストレスの原因になります。
ストレスは血行不良、ホルモンバランスの乱れなどを引き起こし、育毛の大敵です。

 

 

 

 

 

 

次に朝の時間帯です。朝の時間帯と言うのは一日の頭皮の汚れを避けて、
負担を減らすと言う意味があります。

 

 

整髪料をつけたりすることによって、頭皮に負担をかけた一日となるのですから、
その負担を少しでも取り除いてあげるためにも、朝の育毛剤は大切なのです。

 

 

育毛剤には植物エキスがたっぷり含まれています。
保湿作用に加え、皮脂の抑制、炎症の抑制などの働きをします。

 

 

 

頭皮環境を改善することで、髪の毛が成長しやすくなり、
育毛剤の効果がより出やすくなります。

 

 

 

このように、朝と夜の二回育毛剤を使用することによって、効果は二倍にも三倍にもなってくるのです。